ペット可の物件についてのお話

はてなブックマーク

初めまして、猫と暮らすイラストレーターのなごと申します。

今回はペット可の物件についてのお話です。

ペット可の物件は非常に少ない。猫可の物件はもっと少ない。

大事なペットと暮らす皆さまのお家事情はいかがなものでしょうか。

持家ならいざ知らず、賃貸となるとどうしても大変になってしまいますよね。わたしも猫と暮らしているので、引越しともなればまず物件探しにひと苦労です。多々ある物件の中からペット可の、更には猫可の物件となると驚くほど数が減ってしまいます。同じペットでも小型犬可は多いのに~~~! 

その数少ない猫可の物件から譲れない条件を加えていけば、それはもう悲惨な検索結果が待ち構えていて、数百あった検索結果が0件になるなんてことも一度や二度ではありません。そうなると次は、想定していた予算より家賃をあげるか、駅からの徒歩距離を伸ばすか、設備を妥協するかのどれかでしょう。

わたしはバストイレ別、料理をするためキッチン二口以上が最低ラインだったので(単身物件でキッチン二口以上がそもそも厳しいんですが……)、築年数と駅からの距離など、比較的気にならない部分を妥協して今の物件に決めました。

ペット可の物件についてのお話

築年数など妥協した点も多いが嬉しいサプライズも

築年数の浅い物件の方が設備も充実していて綺麗なのは事実です。けれど、築年数の経った物件にもいいところがあります。なにより安い。同じ広さに比べて、築浅の物件よりも数千円は安くなります。そして中がリノベーションされていることもある。わたしが選んだ物件もまさにそのタイプでした。

建物自体は古いし水回りに不満がないとはいいませんが、内装はリフォームが入ってとても綺麗です。同じ家賃帯に比べても部屋は広くて、なによりガスコンロを買わなきゃ~と思っていたキッチンがシステムキッチンに入れ替え!

内覧をした仲介業者の方も知らなかったようで、入居直前にシステムキッチンへ入れ替えると連絡を受けた時には、お互いにビックリしました。建て直しができない分、設備投資することを厭わない大家さんのようで、これは嬉しいサプライズ!

猫可物件探しにも最近うれしい変化が

猫可物件でなければもっと安くてもっと綺麗な、更には駅から徒歩5分圏内でもそれなりにいい物件が見つかるかもしれません。けれどまぁ、猫と暮らす身としては猫可は必須ですし、ついでに猫のための出窓とか、猫のための広さとか、猫のための……が増えていくのは仕方ありませんよね。

最近は猫共存マンションや、保護猫と一緒に暮らせる猫付きマンションといったものも増えつつあるようで、猫好きにとっても嬉しい変化があるようです。爪とぎをしても傷がつきにくい壁紙や、消臭効果のある壁紙なんてものもあって、ペットと暮らす人にとっては必須設備になるかもしれませんね。うちの猫はわたしの物でしか爪とぎをしないので、建物自体に傷をつける心配はしていませんが、それでも補修費などを考えると安心感が違います。

ペット可物件を探す際、どうしても条件に合う物件見つからない時は、築年数を妥協してみるのはいかがでしょうか。案外掘り出し物が見つかるかもしれません。

はてなブックマーク
寄稿者 なご
プロフィール三度の飯と猫が好き。猫と暮らすイラストレーター
ツイッターhttps://twitter.com/ikng_0

この記事に関連する記事

カテゴリー一覧